Category Archives: 国民性

仲間を大切にする人々で伝統として過去より受け継がれている

ニュージーランドには、マオリ系(イギリス人がニュージーランドに入植する以前より、先住していたマオリ族の血を引く人々)・ヨーロッパ系・ポリネシア系(太平洋のポリネシアに住む人々)・アジア系など、多くの民族が暮らしています。

まさに人種のるつぼとも呼ぶに等しく、これほどの多くの民族が暮らすことで、多種多彩な文化が芽生え、混在している国というのは、世界各国を見てもほとんどありません。

現在、ニュージーランドの人口はおよそ440万人です。

2006年に行われた国勢調査によると、人口の約68%がヨーロッパ系の白人であり、次に約15%を占めるのが先住民であるマオリ族となっています。

次いで3番目に2006年の国勢調査以降、新しいカテゴリとしてニュージーランド人が区分され、そこにはマオリ族以外のポリネシア人などが約13%を占めています。

このような多種多様な民族が交わるこの国の国民性とは、どうなのか気になるところです。

言語もさまざまであり、ネイティブ英語が約96%と、ほとんどを占めている一方、先住民族であるマオリ族は、自分たちの言葉であるマオリ語を話します。

この国では、過去の二度にわたる世界大戦を経験したことにより、男性の人口が大幅に減少しました。

こうしたことを受け、仲間を大切にするという国民性が生まれ、それは伝統として過去より受け継がれて、ラグビーなどのスポーツ界で多大な成果を生んでいます。

また料理やファッション・アートの世界においても、独自のユニークな民族文化などを多様に活かし、都市部においてはモダンアートを満喫する人々が大勢います。

一方、農村に暮らす人々は畜産やワインなどの輸出品が主要産業としており、広大な農地でのんびりと生計を立てています。

今は当たり前になっている食肉の冷凍技術は、この国の人々が発明したとも言われています。

この国が多種多様な民族が交じり合う中で、共生共存できる環境にあるのは、ニュージーランドに住む人々が、フレンドリーでのんびりとした国民性を持っているからです。

そのため、レストランやバーなどで気軽に話しかけると、現地の様々な情報を教えてくれたり、また自宅へ招いてくれるなど、新たな友情を作るきっかけになることもしばしばです。

今後、もしこの国に訪れることがあれば、是非現地の人々と触れ合い、さまざまな文化に触れてみることをおすすめします。

きっと思いもよらぬことに出会えることでしょう。